レースマガジン

RR CUP(REM&ROADSTAR WORLD) Round.2
主催者名:RR CUP(REM&ROADSTAR WORLD) Round.2
開催日:2012-07-01

2012年シーズンも今回が2戦目。初夏のおわらは曇り空につつまれて今にも雨が降り出しそう・・・グリップ&ドリフトの祭典は雨でも楽しんでいきましょう!!
丸1日4輪カテゴリーを楽しめて、初心者から上級者まで安心して参加できるおわら定番イベント!グリップもドリフトもたくさんの方が参加してくださいました!!

今日はどんな走りが見られるのか楽しみですねー!
まずはグリップ勢のフリー走行から。
グリップクラスは2グループ20台のエントリー。天気はあいにくの雨、路面はウエット。なかなか難しいコンディションも思いっきり楽しんで欲しいところです。
車も体もしっかりと暖めるためにウォームアップはしっかりと!
コンディションが整ったら早速アタックスタート!『ウエットを制するものはモータースポーツを制する!』かもしれませんよ(笑)
いつもより丁寧なドライビングが要求されるコンディション。逆に考えればウエットがしっかり走れるとドライビング技術も向上するいいきっかけになりますねー!!
グリップクラスの参加車両は様々。4WDターボから軽カーまで、自慢のマイカーを駆使してトップタイム目指して頑張ります!もちろん目標も様々。自己ベスト更新に力を注ぐ方や、仲間同士楽しい時間を満喫したりと楽しみ方はそれぞれですね。
午前中は残念ながらずっとウエットコンディション。時折雨もやんでいましたがなかなかドライには程遠い・・・慎重なドライビングが続きます。
ウエットコンディションでのベストラップはインプレッサのKAITOさん。1分を切って59秒445という好タイムをマーク。
2番手にはインテグラで参加の澤田選手。1分4秒731とFFラジアルながら頑張っています!
3番手は澤田選手と僅差でREMスタッフの村田紳選手。1分4秒888です。
FRトップタイムは高畠選手。1分6秒435とこちらも頑張っていますよ!
スタートしてからしばらくはスピンやハーフスピンで苦戦していた走りもようやく安定感が出てきましたね。丁寧なコントロールの大切さも経験できているみたいです!
グリップクラスはフリー走行・タイムアタック・峠バトルの3本立て。とことん速さを極めていく楽しさが味わえますよ。
ウエット→ハーフウエットを繰り返す路面コンディション。時間ごとに変わるコンディションをしっかり把握するのも大事ですね!場所ごとでも違うコンディションはやっぱり走らないとわかりません。色んな状況を経験しておく事は絶対プラスになりますよ・・・でも無理だけはしちゃいけません(笑)
午前はずっとウエットコンディションでしたが、午後最後のフリーではようやくドライコンディション!この時間になると7月でも涼しくなってきます。まさにアタックにもってこいの状況となります。グリップクラスの皆さんも最後の力を振りしぼって渾身のアタック!
ここで効果を発揮するのがウエットでの慎重なドライビング!ウエットより遥かにグリップするドライコンディション。ちょっとの雑なコントロールでも恐い事はないのですが、これがタイムアップしない原因!不安定なコンディションでもしっかり走るコツを掴むとドライがもっと楽しくなりますよ!!
ウエット路面でも一生懸命でしたが、ドライでは更に気合が入っていましたねー。各選手この日のベストラップを一気に更新し始めて、ギャラリーもその走りに熱い視線を送っていますよ!
ちなみにグリップもグループ分けしていますので初心者の方も安心して参加してね!
ドライとウエット、いろんなコンディションが経験できた貴重な時間になりましたね!
タイムアタックの結果は表彰式で発表。
グリップクラスには『RR CUP』ならではのあの時間がまだ控えていますよー!
フリー走行とタイムアタックでウォーミングアップもバッチリ。次は毎回熱いバトルが繰り広げられる『グリップ峠バトル』がスタート!

その前にドリフトフリーと団体ドリコンの模様をお伝えしていきますよ!!

7月の営業カレンダー

晴れ
ドライ
2018/07/22 08:00

OWARAヴェブカメラ

スケジュール